×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

RETRO ENGIN

RETRO ENGIN
(レトロエンジン)

作者:サワガニ

タイトル画面です。

サワガニさん製作のRETRO ENGINです。

STAGE1

 

くすんだ渋い色合いが、実に世界観とマッチしているグラフィックに注目。

タイトルの「レトロ」な感じを見事に表現しています。

STAGE1ボス

 

戦車です。

一定量のダメージを与えると、装甲を脱ぎ捨てて形態変化します。

retroengin01d.png (35366 バイト) STAGE2

 

stage1より、やや高空での戦い。

建物や森との対比で、高度感が良く出ています。

STAGE4

 

今までと違い、青を基調とした色合いに変わるstage4。

敵の攻撃も激しくなっており、気を抜くとすぐにやられてしまいます。

STAGE4ボス

 

このステージのボスは、ハッチが開閉してから出現するという、非常に凝った演出がされています。

一見の価値ありです。

また、このボス自身も形態変化をしたりと、見物です。

 

ゲームは、全5面が2周あり、合計10面です。

2周目は当然敵の攻撃が飛躍的に激しくなっており、かなりの高難度となっています。

本作の特徴は、やはりまずグラフィックにあるかと思います。

鉄の質感と匂いの伝わってきそうなドットワークスは素晴らしいものがあります。

バランスも、前5面×2周 計10面という長さを感じさせないテンポの良いものに仕上がっており、好印象です。

音楽も全てオリジナルで、世界観に合った曲が揃っています。

 

戻る