×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

超PST Palody Spilit Twin (オリジナルサウンドVer.)

超PST Palody Spilit Twin (オリジナルサウンドVer.)
(ちょうピーエスティー パロディー スピリット ツイン)

作者:ICB

タイトル画面です。

ICBさん製作の超PST Palody Spilit Twin (オリジナルサウンドVer.)です。

STAGE1

 

アニメ調のグラフィックが美しい!

流れ星など小気味良い演出が多く、グラフィックの趣味の良さと相まって、本作の特徴となっています。

STAGE1ボス戦



よく見ると何かに……。

攻撃は、それ程激しくも無いですが、油断は出来ない程度の弾幕です。

STAGE2

 

神殿のような雰囲気のステージです。

STGで神殿と言えば?

STG通なら、ニヤリとしてしまうような敵構成となっています。

STAGE3

 

雲上での戦いとなります。超巨大な敵が多く出現するのがこのステージの特徴です。

特に大きな敵が出る前には、警告表示が出るので、速やかに対処しましょう。

画像は、巨大ミサイル(?)が、後方より通過していった後。

それにしても、このマークって………。

STAGE4

 

一転、サイバーな雰囲気を漂わせたSTAGE4。

そろそろ難易度が高まってきています。

このステージでは、特に固い敵が増えてきており、可能な限り素早く対処する事が求められてきます。

STAGE5

 

宇宙へ。

コミカルな惑星の絵に惑わされる事なかれ。難易度はかなり高まってきています。

流れ行く無数の星の表現が美しいです。

戦闘中に余裕があれば要注目。

 

ゲームは、全6面で、これ以降も続きます。

タイトルにもある通り、「パロディー」をキーワードに作られています。

各所で、STGマニアであればマニアであるほど、ニヤリと出来る演出やグラフィックが散りばめられています。

しかし、「パロディー」とはいえ、元ネタから同じグラフィックを使うのではなく、作者風味にアレンジされ、全体としての統一感が図られているのが素晴らしい!

趣味の良いグラフィックと演出。そして、趣味の良いパロディー具合が、本作の特徴です。

 

戻る