×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

機動ロボ バルカイザー

機動ロボ バルカイザー
(きどうロボ バルカイザー)

作者:サク

タイトル画面です。

サクさん製作の機動ロボ バルカイザーです。

ゲーム開始前デモ

 

このゲーム、デモムービーがかなり使われています。

これは、バルカイザーが研究所から発進するシーン。

STAGE1ボス

 

淡い色で描かれた背景が非常に美しい。

このボスの名前はネジリンガー。

いい名前です。デザインもイカしてます。

STAGE2

 

STAGE2は雲上での闘いとなります。

フェイスウインドゥのキャラは「ロズ将軍」といい、

各ステージに必ず現れ、バルカイザーに戦いを挑んできます。

ネタバレになるので伏せますが、彼との最期のシーンは涙ちょちょぎれてきますので。

 

そして、ボスは4段変形メカ。

ダメージを与える度に変わる形態は、なかなか見物です。

STAGE2終了後のアイキャッチ。

STAGE2をクリアすると、このようなデモが入ります。

なんだかもう熱すぎます。みなぎってます。

STAGE3

 

STAGE3の舞台は宇宙です。

巨大な宇宙戦艦が数多く出現してきます。

ちなみに、この戦艦はやられ際の演出も凝っています。

 

ゲームは、全4面で、これ以降も続いていきます。

機動ロボ バルカイザーは、70年代ロボットアニメを模したような内容のSTGです。

デモシーンや、ゲーム中の演出の中に、数多くそのようなテイストが見受けられ、好きな人にはたまらない内容になっています。

特に、STAGE2クリア後のデモは熱すぎます。

また、音楽も、同じようなノリになっており、熱いです。

しかし、ロボットアニメに詳しくない人もSTGとして楽しめる内容でもあります。

難易度は低く抑えられており、作者曰く、「STGがそう得意ではないロボアニメファン」がターゲットである事も納得できます。

 

しかしながら、バランスが非常に良いので、STGマニアでも、気持ちよくプレイできるかと思います。

それでも、どうしても難しい方がいい場合は、MANIACモードでやってみましょう。

耐久力の低い雑魚敵が多いゲーム構成なので、相当に難しくなると思われます。

 

戻る